MUSCLE FOODS JAPAN

MAAP Ambassador / 自転車を楽しみ、エスプレッソを好み、ファッションを好む。 元パーソナルトレーナー兼ウェイトリフター

22. May 31

時間 1:02
距離 29.2km
高度上昇 217m
TSS 105.6
605 KJ

 

遊び心から、スピードプレイをクランクブラザーズのエッグビーターに変えてクライアント宅へ伺った。

相変わらず、着脱がスムーズ。

クリート位置も同じなのだが、やけにワット数が高い。

気持ち悪くて2回もキャリブレーションした。

それでも調子が良すぎる。

食事も睡眠時間も荷物の重量もいつもと変わらず。

 

おかげさまでKOMを獲って帰宅。

データをアップロードしてグラフを見ると調子が良いのは理解できたが、なんだかな。

スピードプレイ信者として納得がいかない(笑)

 

f:id:mfj_maap_jp:20170601122533j:image

 

21. 談合坂SAへ自転車で行く

May 23rd

時間 5:43
距離 133km
高度上昇 1,391m
251.4 TSS
2,112 KJ

 

f:id:mfj_maap_jp:20170525235534j:image

3:00 起床

初めて自転車で談合坂へ行くので早く起きる。奥様の準備を待ちながら僕は朝食の準備。

 

 f:id:mfj_maap_jp:20170525235630j:image

5:20 スタート

先ずは尾根幹でウォームアップ。

2人とも仕事の疲労で体が乗ってこない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526000350j:image 

今回上りは奥様が前を走り、下りは僕が前を走ることに。

四六時中一緒にいるせいか、自転車、ウェイトトレーニング、他のアクティビティもほぼ同じメニューをこなしているので息はぴったり。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526000942j:image

久しぶりの相模湖でケツ休め。

奥様は定番のデリケートゾーンが痛いとのこと。やはりパッドとの相性など男性よりも複雑なようで一度負傷すると中々治らない…

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526001146j:image

甲州街道へ出て上野原まで淡々と進み、四方津方面へ。

9:30 この時点で陽射しで肌が焼けてくる。

日焼け止めのおかげで肌が痛むことはそうそう無いが、トーストの様に色付いているのが良く分かる。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526001706j:image

今回は大野貯水池から登る事に。

激坂ではないが、ダラダラと長い坂が続く。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526002357j:image

ラスト談合坂までストレートな坂。

通り過ぎる車もフルスロットル。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526002422j:image

奥様、死亡フラグ

と思いきや、そうでもなかったらしく撮影タイム。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526002500j:image

横を見るとなにやら気になる石階段。 

アドベンチャー心をくすぐるサプライズ。

妄想だけにして、奥様の息が整ったところでスタート。

確かこの向かいは、10年前にバイクでツーリングで迷い込んだ道路だと思うのだが定かではない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526002823j:image

四方津から談合坂アタックコンプリート!

本来は、談合坂入口のバス停を右折して行く予定だったのだがどうやら工事のようで断念。

次回は友人を連れてくることにして、やっと談合坂SAへ…

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526010958j:image 

この先が談合坂SA上り。

それでも楽にゴールできないのがサイクリング。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170526011306j:image

入口の手前まで工事中のためダート。

そう言えば、談合坂バス停に工事の看板があったけどこの事だったか。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528070114j:image f:id:mfj_maap_jp:20170528070208j:image

家から66.6km

談合坂SA上り線の入口。こんな感じで2か所あるのかな?

写真を撮り忘れたけれど、中にはベーカリー、スターバックスコーヒー、フードコート、屋台に地元の野菜などの店舗がある。

案の定休憩中のドライバーがこちらにやってきて、「高速を走ってきたのですか?」

なんて聞くから丁寧に説明したが、この周辺に道路があった事すら知らない様だった。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528070441j:image

早速と上り線を後にして、下り線を目指す。1km弱かな?

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528072051j:image

ほぼ下りなのであっという間に到着。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528072134j:image

こちらは入口らしい入口。

ぷらっとパーク

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528072812j:image

上り線よりも賑わっている。と言うか20代若者と外国人が圧倒的に多い。

スタバも若者であふれている。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528073031j:image

リトルマーメイド/談合坂あんぱん237円

友人から勧められて食べたのだが、マーガリンやバターが苦手なので個人的にはアウト。

 

フードコートで水を頂戴する。

無料で頂けるのは本当にありがたい。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528073649j:imagef:id:mfj_maap_jp:20170528073847j:image

トリックアートで遊んでご満悦な40歳www

この方こそF.R.E.E.D.O.M!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528074144j:image

この後は、鶴川方面へ下る。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528074755j:image

深緑が美しい。この先の山がメインイベントのハイキングルート。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528075445j:image

川魚を見るとフライフィッシングをしたくなる。

小学生から中学生の時期は、下手くそな毛針を作って釣りに行った事を思い出す。

それでも釣れるのだから面白い。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170528075919j:image

担いだり押したり。

道が拓けて撮影。

虫に刺されるのは良しとして、熊に遭遇しないかと不安になることも。蛇なんかもドキッとする。

毎週遭遇するのはタヌキ。

ここから市内を目指す。

 

 f:id:mfj_maap_jp:20170529083318j:image f:id:mfj_maap_jp:20170529084842j:image

高嶋屋 酒まんじゅう

上野原名物、ここに寄らねば。

あんこ、味噌、塩、魚の4種/1個 80円

あんこと味噌を購入。

知っている酒饅頭と比べると、皮に厚みがあり噛み応えがある。

中の餡は主張し過ぎず、口の中にフワッと感じる程度。

メインは間違いなく皮の部分であろう。

甘いのがお好きな方は他店もあるので是非。 

 

f:id:mfj_maap_jp:20170529083709j:image

バイク好きのご主人。

81歳とは思えぬ姿勢の良さは自分の老後を考えてしまう。

真の職人とは所作も綺麗なのだ。

バイクトークで長々と居座ってしまったが、話の続きは次回にでもと後にする。

 

甲州街道をひたすら走って、途中でランチをして帰宅。 

 

久しぶりに訪れた上野原市はアドベンチャーに溢れている。

通り過ぎるだけではなく、立寄って歴史と暮らしを学ぶのは教養になって嬉しい。

 

 

 

 

 

 

20. メンテナンスライド

May 22nd

時間 1:40
距離 49.6km
高度上昇 418m
154.1 TSS
1,021 KJ

 

3:00 起床

奥様と談合坂SAへライドしようとの事だったが、気持ち良く眠っていたので起こさなかった。

6:00までデスクワーク済ませて、コーヒーを飲んで7:00まで仮眠を取り少し掃除をした。

奥様が起きてから食事を一緒に摂って、掃除。

毎日掃除しているので直ぐに終わるし、これと言って汚れているところもない。

 

11:45 尾根幹往復ライドへ

昨日、スピードプレイの足の振り幅を調整したので細々なメンテナンス確認をするために出発。

 

家を出て数秒で暑さにやられた。気温30度…

体が慣れていないのでやばすぎる。

クリートの設定もダメだと気付く。

脚は回るが上げにくいのだ。

案の定、大腿四頭筋をメインに使うセッティングとなってしまい30km/h維持するのが辛い。

途中、補給食を口にするがあまりの暑さで喉を通らない。

 

帰りのコンビニでクリートを直し、水を購入して全身に浴びてリフレッシュ。

とうとうボトル2本挿しの気温になってきたようだ。

奥様に作ってもらったミニスコーンと僕の作ったグラノーラでチャージ。

 

クリートの調整も上手くいき、ペダリングが気持ち良い。

甲州街道は白バイに牽いてもらって帰宅。

 

暑いのは好きだが、徐々に慣れていかないと真夏のライドに影響が出そうだ。

 

明日もいつも通り3:00に起きる予定。

 

 

 

19. フェリーで南房総、牛たんライド

May 17

時間 7:22
距離 188km
高度上昇 1,141m
335.0 TSS
3,115 KJ

 

連日のライドの疲労も抜けぬまま、急遽TCWメンバーは南房総市の”牛たん 市川 藏”に行くことに。

当初自走の予定だったが、どのルートを引いても帰宅時間に間に合わないので「久里浜港⇆金谷港」の東京湾フェリーを使ってみることに。

 

メンバーには申し訳ないが、自宅近くの交差点に6:00集合、出発となった。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520173944j:image

9:30 久里浜港到着。

初の東京湾フェリーでテンションが上がる♪

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174007j:image

僕のサドルバッグが重かったせいで、スタッフが手こずったが上手に立てかけてもらい一安心。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174046j:image

10:20 出発

船内には自販機もあり、持参したお気に入りのドライフルーツとハリボーでエネルギーチャージ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174141j:image

奥様も久しぶりのフェリーが楽しいようで外で撮影。

やはり海上は風も冷たく寒い。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170531204207j:image

船内には”ろんぐらいだぁす”の新垣葵こと”葵ちゃん”がいらっしゃるではないか。

そうとなればコンプリートしたくもなる。

 

11:00 金谷港に到着。

目的地の”牛たん 市川 藏”まで直行。

ルート

内房なぎさライン127号を南方面へ

市部交差点を左折で258号へ 東方面へ

犬掛交差点を右折で88号へ 南方面へ

T字路で258号に合流するので、右折(目標は右手に見える滝田郵便局)

少し進むと右手に広域農道へ抜ける西之谷トンネルがある。

右折でトンネルを抜けると直ぐに十字路で右折。

藏の看板があるので道なりに進んで到着。

f:id:mfj_maap_jp:20170520174230j:image

メンバーのお知り合いのお店とあって、以前から伺いたいと言っていたが、やっと来れた。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174350j:image

WELCOMEですよ!嬉しい!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174322j:image

サイクリストの提案で作ったというサイクルラック。初めは低かったようで、改良して丁度いい高さになったと。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174426j:image

そして待ちに待った「牛たん定食」

大自然南房総の山中で、それもテラスで食べられるとは至福である。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174510j:image

時間もあったので鴨川 大山千枚田へ。

MAAP×ASSOSの共演♪

いつもと変わらない…

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174532j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174622j:image

観光客の皆様、学生の方々!

大山千枚田よりも目立ってしまい申し訳ないっ!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174648j:image

観光客のお邪魔にならないよう、早速さと退散。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174723j:image

帰りは長狭街道を抜けて金谷港へ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174802j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520174821j:image

15:20 金谷港を出港

16:00 久里浜港

自走で帰宅。

 

今回、南房総市へ初めて行ったのだが、程よいアップダウンで走りがいがあり、車の交通量も少なく見通しも良く走りやすいこと。

一つ難点は内房なぎさラインのトンネル区間のみ道が陥没しているところもあるので、日中でも必ずライトを装着する事を勧めたい。

コンビニなどは当たり前のように少ないが、自販機や個人商店がある。

また、南房総市は2006年に7つの町と村が合併した為、道の駅が8ヶ所と多さが目立つ。

補給には困らないので安心して走る事ができる。

 

次のTCWロングライドは何処に行こうか。

悩ましい。

 

 f:id:mfj_maap_jp:20170520191527j:image

余談ではあるが、藏でソラマメを2kgほど頂いた。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520191719j:image

とても新鮮だったので、さやのまま湯がいてシワのないソラマメが完成。

我が家は皮のまま食べるので栄養満点♪♪♪

ごちそうさまでした( ^ω^ )

 

 

 

18. おぎのや つづき

May 14

当初の目的は”おぎのや横川店”まで。

翌日の午前中まで休みだった事もあり、碓氷峠まで行くことに。

f:id:mfj_maap_jp:20170520131251j:image

数回来てはいるが、昼間にここを通った事はない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131324j:image

峠の釜飯パワーなのか淡々と登って行く奥様。

絶景を見つけては写真を撮っているようだった。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131408j:image

定番のめがね橋。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131439j:image

ここに来て初めて自販機で購入。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131519j:image

カーブ133の辺りで野狐に遭遇。

車や人が来ると目の前に止まり、餌を貰おうとして離れない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131557j:image 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131625j:image

ここから1度軽井沢まで行き、ドラッグストアで補給食を購入。

この日は、近隣でサイクリングイベントが多くたくさんのサイクリストに遭遇した。

ドラッグストア前を通り過ぎるサイクリスト達は口々に、 ロキソニンと叫んでいた(笑)

そんな僕も今回はケツが大崩壊してしまい、帰りは大変な目にあってしまった。

そして東京まで戻るのであったが、奥様がデリケートゾーンを負傷との事で20-25km/hペースでゆったり。

コンビニ休憩も多くなるが、やはり疲れてくると補給も乱れてくる。

ブルベをされる方々には心から敬意を表する。

 

日も暮れるとさすが日曜。交通量も少なくとても走りやすい。

ライトは2個装備、パールイズミのルミナスベスト着用で安心感がある。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170520131646j:image

23:00 嵐山の和食さとで晩御飯を食べて、1時間ほど休憩。

2人とも疲れてもテンションは高い。

 

この後は15km毎にコンビニ休憩して帰るのだが、前日の2時間睡眠が効いてとにかく睡魔との闘いだった。

今考えると、睡眠不足でフォームが崩れて様々な所にダメージを負った感じる。

 

とにかく寝るに尽きる。

 

 

17. リベンジ”おぎのや”

May 14

時間 12:41
距離 295km
高度上昇 2150m
409.9 TSS
4,431 KJ

 

奥様は”ろんぐらいだぁす”や”友人”に感化されてまたロングライドを始めた。

5/14 行き先は、おぎのや横川店。

前日の仕事が遅く終わったこと、就寝前に近隣の騒音の所為で、眠れた時間は2時間。

なんともエクストリームなスタートとなってしまった。

 

挽きたてのコーヒー、いつも通りの食事。

4:24 出発 

Ave. 30km/h前後でひたすら突き進む。

2時間毎のコンビニチェックイン。

行きの補給はお握りとサプリメントのみ。

f:id:mfj_maap_jp:20170518061012j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518062044j:image

いつもとは違うルートで少しだけスパイスを取り入れようとなり、東武竹沢駅方面から本田技研寄居完成車工場の裏道を行くことに。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518062124j:image

このグラベル感が堪らない!

2人で蜘蛛の巣だらけの道を、何故か爆笑しながら突き進む!!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518062324j:image

数分だったが本当に抜けられるのかと言う、疑問を抱きながらも直ぐに終わった。

出口のトンネルに張り巡らされた蜘蛛の巣を取り払っていると、住人に出会った。

まぁ、驚いた様子で…

今では使われていない道とのこと(笑)

そりゃそうだ。

 

そのまま群馬藤岡到着。この辺りで10:30だったような。

このまま横川に着くのはつまらんとなり、西上州やまびこ街道で富岡経由で向かうことに。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518063522j:image

47号ではなく高田川対岸の農道を突き進む!!!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518063603j:image

47号に合流後、十二交差点過ぎで林道発見。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518063837j:image

激坂の類ではあるが、壁の区間は2ヶ所ほど。登るにつれて路面が滑る区間が多かった事もあり歩く。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518064112j:image

竹林が素晴らしい。

まるでかぐや姫にでも逢えそうな雰囲気に息を呑む。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518064320j:image 

林道の美しさに感動。

竹林の奥からは歌声が…

 

f:id:mfj_maap_jp:20170518143138j:image

林道を抜けた先は!!!

 

f:id:mfj_maap_jp:20170519120635j:image

とても長いダート!!

それでも絶景というスパイスが気分を最高潮に!

 

ここから数キロ進むこと五科交差点で中仙道に合流…

 

13:00 おぎのやに到着。

f:id:mfj_maap_jp:20170519215357j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170519215823j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170519215849j:imagef:id:mfj_maap_jp:20170519220002j:image

 

 

 

 

 

16. 朝ポタ&仕事

時間 4:02
距離 100km
高度上昇 316m
177.9 TSS
1,550 KJ

 

3:40 起床

いつもは仕事の為に起きなくてはならないが、GW明けで全てがスローである。

この生活はカラダにイイ!

脳内がスッキリしているし、テンポよく物事が運ぶと感じるのだから、続けられるなら一生続けたいものだ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512122312j:image

4:00 奥様が起床する

モカを”ロングブラック風”にして飲みながら朝食をつくる。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512141352j:image

オートミールにバナナ、後はお好きなトッピング。

これで充分。

 

5:25 奥様の美活&T氏にオーダー品を渡しに行くライドがスタート

f:id:mfj_maap_jp:20170512182726j:image

いつも通り都心を25kmほど流して千住新橋からInする。

1人ならAve.30-33km/hほどだが奥様同伴で30km/hには驚きを隠せなかった(何気にQOMを量産していたり)

冬にコーチをつけてパワートレーニングに励んだだけあるなとつくづく感じる。

T氏は既に荒川に入ったとツイート。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512183030j:image

のんびり流していると途中でT氏とスライド。

すぐに追いかけてオーダー品を渡してサヨナラ。

3秒で受け渡し完了。

まるで”ブツ”の受け渡しの様だった…

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512203027j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512203050j:image

トイレタイム

f:id:mfj_maap_jp:20170512203110j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512203123j:image

新砂リバーステーションに到着後、スロージェットコーヒーに行こうと思ったが、急遽仕事の連絡があり、ココスでモーニングを摂ることに。

近くだと千住堀切橋店。

久しぶりのココス平日朝食バイキング。

少しだけ仕事をしてモーニング済ませて、帰宅。

 

10:00 自宅へ戻る

クライアントに業務連絡をして11:00〜18:00くらいまで外仕事。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512204706j:image

碑文谷のクライアント宅近くで昼休憩。

”すずめのお宿緑地公園”を散策。

 

f:id:mfj_maap_jp:20170512204916j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512204945j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512204958j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512205017j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512205039j:image

f:id:mfj_maap_jp:20170512205233j:image