Plant-based Cyclist

MAAP Ambassador / 自転車を楽しみ、エスプレッソを好み、ファッションを好む。 元パーソナルトレーナー兼ウェイトリフター

41, MAAP Circuit Pro Jersey

https://www.instagram.com/p/BiQYlArh_cR/

ジャージは、MAAP Circuit Pro Jersey

エアロフィットにサラッとした生地、着心地はさることながら、ジップが更に使いやすくなったのは好印象。

高気温を迎えた5/1はインナーにMesh Base Layerを使用。肌の弱い僕でも、常にドライを保てる環境というのは、通気性と発汗性の良さが相まってスタートからゴールまでライドに集中できるマストな一枚。

 


ビブは、MAAP Circuit Team Bib 2.0

コンプレッションが効いた長めの裾が臀部と大腿部の筋肉をしっかりと包み込み、股関節を意識しやすいことでペダリングがとても楽になる。

また、多方面から高評価を得ている3Dパッドは、アップダウンの激しいコース、ロングライド志向の人も気に入るに違いない。

勾配のきつい坂や10%前後が延々と続く坂で前乗りになってもダメージを最小限に抑えてくれる。

このフィット感とホールド感こそが3Dパッドの進化であり”Bib 2.0”だと感じる。

 


デザインとシルエットが秀逸なのは言うまでもない。 📸 by @mai_koneru 

#maapapparel #maapinthefield #cyclismdotjp #MAAP #CYCLISM

➡️https://cyclism.jp

 

40, 永昌寺トンネルの上は永昌寺へ続く坂

永昌寺トンネルを抜けた時に気になったのが、永昌寺。

 

永昌寺は何処に?

 

f:id:mfj_maap_jp:20180521164410j:image

どうやらトンネルの上にあったようだ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180521165728j:image

傍に自転車を止めて中を伺って見るも、誰もいない。

声をかけても住職居らず。

スピーカーから何やら聞こえてくるが、下の道路工事の音が響いて、スピーカーからの音は聞こえない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180521162238j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20180521164630j:image

ちなみにこの坂を200mほど上っていくと永昌寺に着く。

坂好きなら迷うことは無いが「坂ファッキン!!!」な奥様は下で足休め。

待ってる側からすれば、足休めよりも只の無駄な時間かもしれない(´・ω・)

 

トンネルの上と言えば、千駄ヶ谷トンネルの墓地。

あの幽霊が出るとか、10代で上京してから数え切れないぐらい通ってるが何も見たことも聞いた事ない。

というより歴史を知れば何も怖くない。

 

怖いのは、突然前を横切る猪や鹿などの野生動物だが、彼らからすれば人間が怖いよね〜( ;´Д`)

39, 秘境、房総に有り

f:id:mfj_maap_jp:20180520165352j:image

アドベンチャーへようこそと言わんばかりの佇まい。

しかしだ、上から呻き声が聞こえるのが気になって集中して散策できない。

人か獣か?

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520171909j:image

戦時はこの辺りに防空壕を掘って身を潜めたのだろうか。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520172037j:image

今尚、道として使えると言う事実。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520172000j:image

水も滴る良い岩肌。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520172803j:image

ここまで乙です( ˙-˙ )

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520173018j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520173302j:image

おう、セクシー

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520173605j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520174248j:image

 

f:id:mfj_maap_jp:20180520174428j:image

柿木第一トンネルから始まり月崎トンネルで今回の隧道探検を終えたが、次回は養老渓谷にある二段トンネルかな。

 

 

 

 

 

38, Toilet in Nature

f:id:mfj_maap_jp:20180518124932j:image

それは小湊鐵道飯給駅に存在する。

何故に飯給にあるのか解らない。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180518130546j:image

事前にGoogle mapで調べて行ったが、女性専用トイレだったとは…見落としていた。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180518130814j:image

2012年作。

建築家の藤本壮介氏によるアート作品。

ちょっと露出してみたい人向けのトイレと思ってしまったが、施工主はどの様な心境で建てたのだろうか?そんなくだらない事を考えながら後にした。

 

ちなみに男性用もあったが、当たり障りないデザイン。

Google マップ

飯給駅 public toilet 〒290-0543 千葉県市原市飯給 

 

 

広告を非表示にする

37, 高滝湖へダムカードを貰いに行く

 

最近、ダムカード収集が楽しい。

昨年末に偶然ゲットした一枚から始まり、今ではどっぷり嵌ってしまった。

 

この日は、急な仕事が入り出発が遅れる。

土砂降りからスタートで房総エリア3連続の雨。

 

高滝湖へはうぐいすラインで道に迷わずアクセス可能。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180513101442j:image

雨が降ったり止んだり、全身泥だらけに。

珍しくApiduraの大型サドルバッグ装備。

今まではアスセイバーだったが、昨年からはサドルバッグが泥除けに(笑)

雨で困るのは、後続の人で前を走る人の泥ハネをモロに受ける。

精神的にも肌へのダメージも良くないため、奥様は御立腹www

 

f:id:mfj_maap_jp:20180513101821j:image f:id:mfj_maap_jp:20180513103812j:image

峠の駅

ダイドードリンコブレンドコーヒーが懐かしさを感じる。

コーヒーカップIN→Pなんて看板を見るとカフェでもあるのか?茶屋か?と考えてしまうが、優秀なマシンにお金を入れるとドリンクが買える。

時折思うのはサイクリストに優しい国であると。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180513102020j:image

高滝ダム

所在地 : 千葉県市原市

河川名 : 二級河川 養老川水系・養老川

型式 : 重量式コンクリートダム

管理者 : 千葉県

本体着工/完成年 : 1986/1990年

 

f:id:mfj_maap_jp:20180513101945j:image

こちらがダムカード配布所のひとつ、高滝ダム記念館。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180513102110j:image

入館して左手に受付があるが無人

記帳してダムカードを頂く。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180517195422j:image

f:id:mfj_maap_jp:20180513102147j:image

高滝ダム Ver.1.2

収集というのは男心をくすぐる。

現地に行かなければ手に入らず、郵送もしていない。1人1枚。おまけに期間限定のレアカードもある。

この1枚の為に有給を取っている取引先の方には納得がいく。

 

次の目的地は世界一広いトイレのある飯給(いたぶ)へ行く事に。

 

 

 

 

36, 不動峠・道祖神峠(茨城県石岡サイド)

今回のルート

 

5月1日 早朝

6号線水戸街道を北柏入口まで進み、左折268号線から47号線(富勢富士見坂/通称オッティモ坂)に合流。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205039j:image

stravaセグメントでは1.4kmの新大利根橋は、早朝でも車の通りが多いので、歩道へ移る。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205117j:image

久しぶりの筑波山に奥様。

「うわー、久しぶりすぎて無理だわ」とネガティブ発言。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205150j:image

皆んなの定番待ち合わせスポット、平沢官衙遺跡でトイレ休憩の筈が定休日…

我慢の末に不動峠へ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205229j:image

ないすびゅー!心踊る〜♪

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205302j:image

苦しむ〜

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205358j:image

湧水スポット。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205429j:image

ここから石岡・八郷方面へ下ってフルーツラインへ合流。道祖神峠を目指す。

この日はGW前半が終わって翌日だったので、スライドしたサイクリストは2人。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205445j:image

セイコーマートで休憩。

数年ぶりのソフトクリーム🍦

一口で満足w

そのままフルーツラインを北上。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205506j:image

道祖神峠手前の石岡市太田地区には国指定重要文化財善光寺楼門。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205537j:image

この先は道祖神峠(どうろくしんとうげ)

標高は310mと低い。

stravaセグメントでは2.4km 233m 9.4%

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205619j:image

奥様、案の定召されてしばらく休憩。

後から考えたら、補給足りて無かったというオチ。僕はSFRでゆっくりと登って降りてを繰り返し。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205641j:image

ここからの眺望は望めないが、ショートクライムでも達成感があるのは気持ち良い。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509205922j:image

ないすびゅー!ないすびゅー!

来る時に通過したフラワーパークに戻って、エネルギーチャージ。

 

f:id:mfj_maap_jp:20180509210051j:image

さらにフルーツラインを南下して、小町の里で小休憩をして帰宅。

 

夏日だった事もあり、暑さによるダメージが大きく、徐々に慣らしていかないとなと感じた。

 

35, いつからかプラントベースに

様々な食の主義がある中で、プラントベース(Plant-based)になった理由。

 

それまではパワーリフティングをしていた事もあり、1日の肉や魚の摂取量は600-700gとかなりのもの。もちろん野菜や良質な脂もたっぷりと摂取し、炭水化物は必要最低限に留めていた。

病気になる事もなく、体脂肪も8-12%、ハードに追い込んでもしっかりと回復する食事内容。


唯一の不満は、調理にかかる時間、食べない部位の廃棄、トレーの処理、ゴミの匂いなど。


そんな考えで僕は10年と奥さんは5年続けていたが、ある日同僚とランチの際に数名がヴィーガン(Vegan)だという事を知った。
ベジタリアン(vegetarian)とVeganの違いも解らない僕に事細かに説明してくれ、筋肉は肉食じゃなくても作れるという事実を知ってしまったのだ。同僚はVeganながらも幾度と海外のトライアスロン大会で上位に入るトライアスリート、もう1人はトレイルランナーで各地を転々とする上司。


2人のアスリートに感銘を受けて翌日から始まったのがプラントベースだ。


ただ日本に住んでいる以上、付き合いの席などで断りきれない事もあったり、遠方へ出向いた時など郷土料理を頂く事もあるので、今では食べるように柔軟な考えでいる。